*

保湿ケア

夏こそ潤いスキンケア

乾燥対策と言えば秋冬の話しで、夏は汗をかくので乾燥対策は必要ないと思われがちです。ですが、夏は紫外線やエアコンの冷気、外との温度差など、肌にはとてもストレスの多い季節なのです。そんな弱った肌に間違ったスキンケアをしていると、更に肌が傷つきバリア機能が壊れてしまい、結果的に乾燥肌などのトラブルが悪化してしまいます。

そこで大切なのが潤いを保つ正しいスキンケアです。特に難しいことや高いスキンケア用品は必要なく、正しい洗顔方法をするだけでも十分健康な肌を保つことができます。特に夜の洗顔が大切なのですが、やさしい力加減できちんと汚れを落としてあげることがポイントです。

汗ばむ夏、ベタベタした肌をついゴシゴシと洗ってしまいたくなりますが、クレンジング剤や洗顔料でつけた手でゴシゴシ洗うと肌の表面の角質が傷ついてしまい、肌を守るバリア機能が壊れてしまいます。バリア機能が正常でなくなった肌からはどんどん水分が奪われてしまいますし、外からの刺激である冷気や乾燥、紫外線もダイレクトに肌に入ってきてしまうという最悪な状態になります。

クレンジング剤や洗顔料には汚れを落とす成分が入っているので強い力を入れなくてもきちんと汚れを落としてくれます。目安は両手で20gほどのやさしい力加減です。是非量ってみてください。本当に優しい力なのにびっくりします。流す時も重要で、熱いシャワーは使わずにぬるめの水を手ですくってパシャパシャと丁寧に流してあげましょう。これで汚れはきちんと落としながらも肌に必要な潤いは残り、肌表面の角質も整った状態になってくれます。

健康な肌の状態であればその後につけるスキンケア用品の保湿効果などもきちんと肌内部に浸透してくれますので、夜のうちに効果をしっかり発揮して翌日きちんと潤ってくれるわけです。洗顔方法だけで潤い肌が作れるのはとてもお得ですよね。夏こそしっかり潤いをチャージして、周りの女子にグッと差をつけちゃいましょう!

それから、夏が過ぎた後はシミの素が肌内部にくすぶっている状態なので、ハイドロキノンクリームを塗ってケアしてあげるのがおすすめです。ハイドロキノンの特徴は↓の記事をどうぞ
http://www.harbor-management.jp/hydroquinone.html